March 6, 2015 / 8:03 PM / 3 years ago

FTSEユーロファースト小幅高=欧州株式市場

[パリ 6日 ロイター] - 6日の欧州株式市場はFTSEユーロファーストが小幅上昇して取引を終えた。欧州連合(EU)が中国と台湾から輸入されたステンレス鋼板に反ダンピング(不当廉売)関税を課すと報じられたことから、関連銘柄が値上がりした。

FTSEユーロファースト300指数.FTEU3は1.31ポイント(0.08%)高の1570.79で取引を終えた。一時は約7年ぶりの高値をつけた。週間では約0.5%高で、5週連続の上昇となった。

一方、DJユーロSTOXX50種指数.STOXX50Eは0.59(0.02%)安の3617.62だった。

EUは冷間圧延ステンレス鋼板の輸入について、中国製に約25%、台湾製に約12%の反ダンピング課税を計画している。欧州鉄鋼協会が昨年5月に不当廉売されていると申し立てていた。

EUの動きを受け、フィンランドの鉄鋼会社オウトクンプ(OUT1V.HE)は17.9%、スペインのステンレス大手アセリノックス(ACX.MC)が6.0%、ルクセンブルクの鉄鋼メーカー、アペラム(APAM.AS)は9.9%値上がりした。

EPFRグローバルのデータによると、今週1週間で欧州市場の株式と債券ファンドには60億ドルが流入した。欧州中央銀行(ECB)が量的金融緩和導入を発表した1月下旬からの流入額は計350億ドルとなっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below