Reuters logo
ロンドン株式市場=続伸、イラク情勢悪化で石油株に買い
June 18, 2014 / 5:52 PM / 4 years ago

ロンドン株式市場=続伸、イラク情勢悪化で石油株に買い

[ロンドン 18日 ロイター] - 18日のロンドン株式市場は、FT100種総合株価指数.FTSEが11.79ポイント(0.17%)高の6778.56と続伸して取引を終えた。イラクでの激しい交戦で原油価格が上昇していることを受けて石油関連銘柄が買われ、全体水準を押し上げた。

英・オランダ系石油大手のロイヤル・ダッチ・シェル(RDSa.L)は1.5%、英石油・ガス大手BGグループBG.Lも0.6%上昇した。FTガス・石油株指数.FTNMX0530は1.38%上昇し、FT100種の中で最も大きく値上がりした部門となった。

イスラム教スンニ派の武装集団はイラク北部にある同国最大の製油施設を制圧する勢いで、イラクからの原油供給に対する懸念が広がる中、北海ブレント先物 は1バレル=114ドルに近づいた。

    合併・買収(M&A)の期待が大きい医薬品業界では、製薬会社シャイアー(SHP.L)が前日に続き買われ、株価が3.4%上昇した。買収の打診を受けることを想定してシティ(C.N)とアドバイザー契約を結んだとするロイター通信の報道が引き続き材料視された。

    株式市場全体としては、2日間にわたった連邦公開市場委員会(FOMC)が終わるのを前に積極的な取引は手控えられた。米連邦準備理事会(FRB)は量的金融緩和に伴う毎月の債券購入をさらに100億ドル減らし、350億ドルとする見込みだ。市場は利上げ時期や経済見通しに関するコメントに注目している。

    17日発表の5月の米消費者物価指数(CPI)は市場予想を超える上昇となり、FRBの政策見通しがタカ派寄りに傾くのではないかとする観測もある。

    一方、配当落ち銘柄となったユナイテッド・ユーティリティーズ(UU.L)は2.8%、水処理サービスのセバーン・トレント(SVT.L)は2.1%の下落となった。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below