for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

2009・10年の世界パソコン販売台数と平均価格を引き下げ=モルガン・スタンレー

 [23日 ロイター] モルガン・スタンレーMS.Nは、2009および2010年のパソコン販売台数と平均販売価格を下方修正した。需要が予想よりも減退するほか、ノートブック市場でのシェアの奪い合いが進むなどを理由として挙げている。

 モルガン・スタンレーは、2009年のパソコンの世界売上高は24%減少し、販売台数は11%減、平均販売価格は15%下落すると予想。2010年は、売上高は3%減、販売台数は2%増、平均販売価格は5%下落すると予想している。

 デルDELL.Oとヒューレット・パッカード(HP)HPQ.NのPC事業業績見通しを引き下げる一方、2009年に華碩電脳2357.TWと宏碁(エイサー)2353.TWがノートブック市場で引き続き大きなシェアを占めるとの見方を示した。

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

 ※原文参照番号[nBNG290257](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nBNG290257]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up