May 9, 2018 / 5:59 AM / 6 months ago

来月ベルギーで短距離離着陸機の競技会、滑走路の短さ競う

 5月8日、ベルギーの海岸で6月14日から、史上初の砂地における短距離離着陸(STOL)機の競技会が行われる。離陸と着陸の両方で必要とした滑走路の距離を合算し、短さを競う。写真はOV-10 ブロンコ(2018年 ロイター/Francois Lenoir)

[ウェフェルヘム(ベルギー) 8日 ロイター] - ベルギーの海岸で6月14日から数日にわたり、史上初の砂地における短距離離着陸(STOL)機の競技会が行われる。離陸と着陸の両方で必要とした滑走路の距離を合算し、短さを競うという。

主催者は、「海岸での着陸が行われたことはあるし、短距離離着陸機の競技も、ほぼ航空機の誕生以来存在した。われわれがしたのは、その二つを合わせることだ」と述べた。

旅客機は通常着陸に1マイル(約1.6キロ)以上の滑走路を必要とするが、短距離離着陸機の競技で使用される軽量な機種は、過去に6メートル弱の距離で着陸している。

今回のイベントに参加するパイロットらは、砂がどのような影響をもたらすか興味があると話している。 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below