Reuters logo
米ハリケーン、テキサス州で洪水被害 豪雨なお続く
2017年8月28日 / 01:08 / 3ヶ月後

米ハリケーン、テキサス州で洪水被害 豪雨なお続く

[ヒューストン 27日 ロイター] - 米テキサス州では27日、ハリケーンから熱帯低気圧に変わった「ハービー」による大雨でヒューストンなどが洪水被害に見舞われ、住民がボートで避難する事態となっている。大雨は今後も数日間続く見通しだ。

ハービーは25日夜にテキサス州に上陸。上陸時の勢力は「カテゴリー4」と、同州に上陸したハリケーンとしては1961年以来の強さとなった。

家屋の屋根が飛ばされ、建物が損壊したほか、沿岸部では浸水が見られ、27日時点で約28万世帯が停電している。これまでに少なくとも2人の死亡が確認されている。

ヒューストンでは河川や用水路が氾濫し、一部地域では胸の高さまで浸水した。

再保険会社エーオン・ベンフィールドの気象専門家スティーブ・ボーウェン氏は「ヒューストン史上、最も悲惨な洪水被害だ。前例のない量の雨が降っている」と述べた。

 8月27日、米テキサス州では、ハリケーンから熱帯低気圧に変わった「ハービー」による大雨でヒューストンなどが洪水被害に見舞われ、住民がボートで避難する事態となっている。大雨は今後も数日間続く見通しだ。写真はヒューストンで撮影(2017年 ロイター/Richard Carson)

ハービーの中心は依然としてヒューストンから約200キロの位置にあり、30日にかけて市内にゆっくり接近すると予想されている。ハービーは風速が弱まったことから26日に熱帯低気圧に変わったが、今後も数日にわたり豪雨が続く見通しで、死者はさらに増えることが予想される。

テキサス州のアボット知事は記者会見で、27日には新たに竜巻警報が発表される見込みだと述べた。

知事はまた、行方不明者の捜索や救助、清掃に当たる兵士2800人を派遣すると発表、他州からも救急隊員が派遣されると明らかにした。

ホワイトハウスの報道官は、トランプ大統領が29日にテキサス州を訪問し、被害状況を視察すると明らかにした。

ハービーの影響で、メキシコ湾岸の製油所や洋上石油プラットフォームでは生産が停止している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below