Reuters logo
米南部の洪水で7人死亡、3万人避難 水位さらに上昇も
2017年8月29日 / 00:13 / 1ヶ月前

米南部の洪水で7人死亡、3万人避難 水位さらに上昇も

[ヒューストン 28日 ロイター] - 25日に米南部テキサス州に上陸後、ハリケーンから熱帯低気圧に変わった「ハービー」は大規模な洪水被害をもたらし、少なくとも7人が死亡、避難者は3万人に上る見通しだ。強い雨はなお続いており、今後数日で水位はさらに上昇する可能性がある。

全米第4の都市ヒューストンやその周辺では多くの人が依然取り残されており、州兵や警官、救助隊員らがヘリコプターやボートを使って救助に当たっている。

ハービーはテキサス州のメキシコ湾岸上空に数日間停滞し、30日にかけてヒューストンに接近する見通しで、30日と31日に大規模な洪水が予想されている。洪水はルイジアナ州にも広がる恐れがある。

ヒューストンでは胸の高さまで浸水する地域が出る中、学校やオフィスが閉鎖されている。

トランプ大統領は29日にテキサス州を訪れ被害状況を視察する。9月2日に再訪問し、ルイジアナ州を視察する可能性もあるとした。

大統領はテキサス、ルイジアナ両州を被災地に指定しており、連邦政府による支援が可能になっている。

メキシコ湾岸には米製油能力の半分近くが集まるが、エクソンモービルが保有する国内2番目の規模のベイタウン製油所など、沿岸一帯で稼動停止が広がっている。

またアナリストによると、ハービーによる被害に伴う保険金支払額は最大200億ドルに上ると推定され、ハリケーン被害への補償額としては米国でトップ10に入る見通し。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below