for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メキシコ湾岸の米エネルギー施設、熱帯低気圧で生産に影響

[ヒューストン 19日 ロイター] - 熱帯性低気圧「イメルダ」が、メキシコ湾岸の米エネルギー施設に大きな被害をもたらしている。施設の関係者によると、テキサス州では19日、洪水により製油所や石油パイプライン、ターミナルなどが閉鎖を余儀なくされている。

集中豪雨による浸水被害は、ヒューストンからルイジアナ西部まで広がっている。米国立ハリケーン・センター(NHC)によると、テキサス州南東部の沿岸では19日夜に最大1020ミリの降雨が予想されている。

関係者によると、エクソンモービルXOM.Nはボーモント製油所(日量36万9024バレル)を閉鎖した。

テキサス州南東部の他の製油所も生産に影響が出ている。独立系製油大手バレロ・エナジーVLO.Nはポートアーサーの製油所(日量33万5000バレル)の稼動を一部停止した。

ヒューストンにあるライオンデルバセルLYB.Nの製油所(日量26万3776バレル)のガソリン生産設備はコンプレッサーが故障し、稼働率が生産能力(日量11万バレル)の60%となっている。

トタルTOTF.PAも、ポートアーサーの製油所(日量22万5500バレル)でコークスの生産を半分に縮小している。雷の影響で安全な作業ができなくなっているという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up