for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メキシコ湾岸の石油生産、ハリケーンの影響で再開見通せず

 メキシコ湾に襲来した大型ハリケーン「ローラ」の影響で停電や通信設備の断絶が続いており、海上の石油・ガス生産の再開が見通せない状況となっている。写真は、ハリケーンに備えプラスチックのシートで覆われたガソリンスタンド。26日撮影(2020年 ロイター/Adrees Latif)

[ヒューストン 31日 ロイター] - メキシコ湾に襲来した大型ハリケーン「ローラ」の影響で停電や通信設備の断絶が続いており、海上の石油・ガス生産の再開が見通せない状況となっている。

石油各社は海上生産施設の再開時期について点検を続けている一方、陸上の生産施設の修繕も停電のため進展していない。

甚大な被害を受けたルイジアナ州レイク・チャールズに精製施設を持つシットゴー石油公社[PDVSAC.UL] と米独立系製油会社フィリップス66PSX.N は、点検には数日かかる見通しで、再開時期も不明だとした。

電力大手の米エンタジーETR.Nは、レイク・チャールズの送電設備が「これまでで最も深刻な壊滅的損傷」を受けたと発表した。

米内務省によると、メキシコ湾での海上石油生産は日量98万9000バレル(53%)減。 液化天然ガス(LNG)生産も日量11億2000万立方フィート(41%)減となっている。

一方、テキサス州ポート・アーサーでも、フランスの石油大手トタルTOTF.PAが、生産再開には停電の解消が必要だとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up