for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「ローラ」がハリケーンに発達、15年ぶり規模に厳重な警戒

[ヒューストン 25日 ロイター] - 米国に接近中の熱帯低気圧「ローラ」が25日、ハリケーンに発達した。今後さらに勢力を強める見通しで、メキシコ湾岸の地元当局は厳重な警戒を呼び掛けている。

ルイジアナ州のエドワーズ知事はローラについて、メキシコ湾を襲った最強のハリケーンの一つとされる2005年の「リタ」に匹敵する恐れがあると警告した。

米国立ハリケーン・センター(NHC)によると、米東部時間午前11時(日本時間26日午前0時)現在、ローラは時速25キロの速さでメキシコ湾を西北西に進んでいる。風速は33メートル。27日未明にもテキサス州かルイジアナ州に上陸する可能性があり、風速は51メートルに達するとみられている。

湾岸のエネルギー生産施設では、24日にオフショア生産量の8割強に当たる日量150万バレルの生産が停止。05年のハリケーン「カトリーナ」に襲われた際の9割に迫った。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up