for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米メキシコ湾岸、熱帯低気圧「ニコラス」に警戒 シェルは従業員退避

[13日 ロイター] - 大型ハリケーン「アイダ」の被害からの復旧作業がなお続く米メキシコ湾岸に、熱帯低気圧「ニコラス」が接近していることで、英蘭石油メジャーのロイヤル・ダッチ・シェルは13日、原油生産施設から従業員の退避を開始した。

ニコラスは現在、テキサス州ポートオコナーの南方約115キロの海上にあり、北に向けて進んでいる。米国立ハリケーンセンター(NHC)は、この日にも予想される上陸直前にハリケーンに発達する恐れがあるとしている。

8月末に上陸したアイダによる被害で、米メキシコ湾岸の原油・天然ガス生産は13日時点でも40%以上が停止したまま。

シェルはアイダの影響を受けなかったペルディド石油プラットフォームから一部従業員の退避を開始したほか、米石油大手エクソンモービルは、テキサス州のベイタウンとビューモントにある石油化学コンビナートで悪天候に対する備えを開始した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up