for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米NY市に路面電車計画、半世紀以上ぶり復活へ

 2月16日、米ニューヨーク市内で50年超ぶりに路面電車を走らせる計画が持ち上がっている。ブルックリン地区とクイーンズ地区をウォーターフロント沿いに結ぶ新たな交通機関となる予定。写真は2012年7月撮影(2016年 ロイター/Keith Bedford)

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米ニューヨーク市内で50年超ぶりに路面電車を走らせる計画が持ち上がっている。ブルックリン地区とクイーンズ地区をウォーターフロント沿いに結ぶ新たな交通機関となる予定だ。

デブラシオ市長の報道官によると、「ブルックリン・クイーンズ・コネクター(BQX)」と名付けられた全長約25キロメートルの新ルートは2019年着工、その数年後の開業を目指している。

これまで交通の便が悪かった地域からの通勤時間が平均15分以上短縮されるとしており、1日の乗降客はおよそ5万人を見込む。路面電車型の交通システムとしては米国で最大級となる見通し。

費用は約25億ドルと予想され、非営利団体(NPO)を設立して非課税債券を発行する予定。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up