Reuters logo
今日の株式見通し=反発、米株高追い風にハイテク株に買い戻し
2017年6月13日 / 22:56 / 5ヶ月後

今日の株式見通し=反発、米株高追い風にハイテク株に買い戻し

[東京 14日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反発すると予想される。前日の米国株は上昇、為替も円安に振れており、外部環境の好転を好感した買いが先行しそうだ。値がさハイテク株に買い戻しが入り、節目の2万円を回復する場面もあると見込まれる。

ただ買い一巡後は、今晩の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表を控え様子見姿勢が強まり、高値圏でのもみ合いとなる見通し。

日経平均の予想レンジは1万9800円─2万0100円。

前日の米国株市場で主要3指数はそろって上昇した。ダウ.DJIとS&P500.SPXは終値で過去最高値を更新した。ハイテク株が買い戻されたほか、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ期待を背景に金融株が上昇した。

過去2営業日で約1年ぶりの下げを記録したハイテク株は持ち直し、情報技術株指数.SPLRCTは0.9%高。主力銘柄のマイクロソフト(MSFT.O)が1.2%、フェイスブック(FB.O)が1.5%それぞれ上昇し、S&P500を押し上げた。

外為市場でドル/円JPY=は1ドル110円台を回復し円安方向に振れており、ハイテク株や主力輸出株の買い戻しを誘いそうだ。シカゴの日経平均先物9月限(円建て)清算値は1万9915円、大阪取引所の夜間終値は1万9920円だった。寄り付きの東京市場でもこれらの水準が意識され、買い優勢で始まると想定される。

取引時間中には中国の5月の鉱工業生産、小売売上高などの指標が公表される。「中国の指標は予想を大きく下回ることになれば悪材料となる。だが、マーケットの最大の関心は、FOMCでの利上げを受けた米市場の反応だ」(みずほ証券シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏)と話している。

きょうは国内ではトヨタ(7203.T)の株主総会が開催されるほか、4月の鉱工業生産確報が発表される。米国では、5月小売売上高、消費者物価指数が発表される予定だ。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      19898.75 20239.81 18224.68

-9.83 2017年6月2日 2017年4月17日

シカゴ日経平均先物9月限 19915(円建て)

*内容を追加しました。

辻茉莉花

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below