March 31, 2015 / 9:13 AM / 5 years ago

上場企業の期末保有株含み益、過去最高21兆円に=試算

 3月31日、野村証券によると、上場企業(3月期決算を対象)の持ち合い株式の含み益が3月末時点で、前年比51%増の21.2兆円に膨らみ過去最高になった。写真は株価ボードを眺める男性、30日撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 31日 ロイター] - 野村証券によると、上場企業(3月期決算を対象)の持ち合い株式の含み益が3月末時点で、前年比51%増の21.2兆円に膨らみ過去最高になった。01年度上期に時価ベースの開示が始まって以来、過去最高だった06年3月期末とほぼ同水準に拡大した。

含み益は、株主資本利益率(ROE)への意識の高まりや株主還元の強化を受け、株価が堅調に推移したことが主因。

ただ、今年6月からは東京証券取引所に上場する企業に対しコーポレートガバナンス・コードの適用が始まる。コードでは、政策保有株式の保有の方針やその合理性を取締役会で毎年検証し、ステークホルダーに説明することが求められるなど、これまでにない多くの説明が必要になる。

試算した野村証券の西山賢吾アナリストは、企業の「政策保有株式が(新年度の)焦点になる」とみている。

一方、大和証券の試算によると、大手銀行グループ5社の2015年3月末の保有株式含み損益は、8.15兆円になり、過去一年間で3.65兆円の評価益が膨らんだ。

東証株価指数.TOPXの31日終値は1543.11ポイントと、過去1年間で28%上昇して取引を終えた。

5社は、みずほフィナンシャルグループ(8411.T)、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306.T)、三井住友フィナンシャルグループ(8316.T)、りそなホールディングス(8308.T)、三井住友トラスト・ホールディングス(8309.T)。

江本恵美

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below