May 18, 2020 / 4:55 AM / 16 days ago

SUBARU、今期業績予想は未定  前期末配当は28円に減配

 5月18日、SUBARUが発表した2020年3月期(前期)決算(国際会計基準)では、当期利益が前の期に比べ7.9%増の1525億円だった。写真は都内で昨年10月撮影(2020年 ロイター/Soe Zeya Tun)

[東京 18日 ロイター] - SUBARU(7270.T)が18日発表した2020年3月期(前期)決算(国際会計基準)では、当期利益が前の期に比べ7.9%増の1525億円だった。新型コロナウイルス感染拡大で事業活動に大きな影響が出ており、今後の資金需要など総合的に勘案し、期末配当は従来予想の1株当たり72円から28円に下げた。

21年3月期(今期)の業績と配当予想の公表は見送った。新型コロナの影響が読めず、合理的な算定が困難なため。

リフィニティブがまとめたアナリスト15人による今期当期利益予想の平均は1172億円となっている。

前期の連結売上収益は前の期に比べ6%増の3兆3441億円、営業利益が15.7%増の2103億円だった。

前期世界販売は3.3%増の103万4000台だった。国内は「インプレッサ」の減少などで7.7%減ったが、海外販売が5%伸びた。

前期の世界生産は4.2%増の103万1000台。新型コロナの影響で3月に米国工場で一時操業を停止したことなどを受け、海外生産は1.3%減となったが、国内は「フォレスター」の増加などにより7.6%増えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below