Reuters logo
南シナ海の緊張を高める中国の行為、深刻に懸念=菅官房長官
February 17, 2016 / 7:48 AM / 2 years ago

南シナ海の緊張を高める中国の行為、深刻に懸念=菅官房長官

[東京 17日 ロイター] - 菅義偉官房長官は17日午後の会見で、中国が南シナ海の西沙諸島に地対空ミサイルを配備したと伝えられたことについて「個々の具体的な情報についてはコメントを控える」としたうえで、「南シナ海において一方的に現状を変更し、緊張を高める行為は国際社会共通の懸念だ。わが国もこうした行為を深刻に懸念しており、既成事実化は認められない」と語った。

 2月17日、菅義偉官房長官は午後の会見で、中国が南シナ海の西沙諸島に地対空ミサイルを配備したと伝えられたことについて「個々の具体的な情報についてはコメントを控える」としたうえで、「南シナ海において一方的に現状を変更し、緊張を高める行為は国際社会共通の懸念だ。わが国もこうした行為を深刻に懸念しており、既成事実化は認められない」と語った。写真は都内で昨年2月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

菅官房長官は中国のミサイル配備について「報道は承知している。中国には南シナ海問題に関するわが国の考えは伝えている。引き続き、国際社会と緊密に協力していきたい」との考えを示した。

*カテゴリーを変更して再送しました。

石田仁志

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below