Reuters logo
為替動向は緊張感もって注視、場合によって必要な措置=官房長官
April 8, 2016 / 1:22 AM / 2 years ago

為替動向は緊張感もって注視、場合によって必要な措置=官房長官

[東京 8日 ロイター] - 菅義偉官房長官は8日の閣議後会見で、為替市場で一時107円台をつけるなど円高が止まらないことについて「緊張感をもって注視し、場合によっては必要な措置をとることにしたい」と述べた。

 2月8日、菅義偉官房長官は閣議後会見で、為替市場で一時107円台をつけるなど円高が止まらないことについて「緊張感をもって注視し、場合によっては必要な措置をとることにしたい」と述べた。写真は都内で昨年2月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

菅官房長官は足元の為替の動きについて「一方的に偏った動きがみられている」との見方をあらためて示したうえで「過度の変動や無秩序な動きは悪影響を与える」と語った。

石田仁志

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below