June 27, 2019 / 3:13 AM / 23 days ago

日米安保条約、両国の義務はバランス取れている=菅官房長官

 6月27日、菅義偉官房長官(写真)は午前の会見で、トランプ米大統領が20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)を前に米メディアとのインタビューで日米安全保障条約が不公平だと不満を示したことに関連して、米政府との間で日米安保条約の見直しという話はないとあらためて強調した。写真は都内で2017年5月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 27日 ロイター] - 菅義偉官房長官は27日午前の会見で、トランプ米大統領が20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)を前に米メディアとのインタビューで日米安全保障条約が不公平だと不満を示したことに関連して、米政府との間で日米安保条約の見直しという話はないとあらためて強調した。

その上で、安保条約上の日米双方の義務については、全体として見ればバランスが取れているとの見解を示した。

菅長官は「日米安保条約の第5条では、我が国への武力攻撃については日米で共同で対処すること、第6条において極東の平和と安全のために米軍に対して我が国の施設や区域の使用を認めることとなっている。片務的ということは当たらない」との認識を示した。

G20サミットでの日米首脳会談でこの件について確認するかどうかについては、「一つ一つの内容について触れることは差し控えたい」とした。

*内容を追加しました。

中川泉 編集:山川薫

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below