March 19, 2018 / 3:09 AM / 4 months ago

再発防止と信頼回復へ対応=文書書き換えで官房長官

[東京 19日 ロイター] - 菅義偉官房長官は19日午前の会見で、直近の各社調査で安倍内閣の支持率が急落し、背景に財務省の決裁文書書き換え問題があるとみられることについて、この問題の全容解明と再発防止に努めることを強調した。

 3月19日、菅義偉官房長官は午前の会見で、直近の各社調査で安倍内閣の支持率が急落し、背景に財務省の決裁文書書き換え問題があるとみられることについて、この問題の全容解明と再発防止に努めることを強調した。写真は都内で2016年8月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

菅長官は支持率については「高いことも低いこともある」と述べるにとどめ、「政府としては経済再生、北朝鮮対応という内外の課題にしっかりと取り組む」との姿勢を示した。

文書書き換え問題については「財務省に国民の厳しい目が向けられていることを重く受け止め、財務省の調査に全面的に協力し、このような事態が起こったことについて全容を明らかするため、徹底的な調査を行う。また再発しないよう信頼回復に向けて対応が必要だと考えている」との方針を示した。

一方、ロシア大統領選挙でプーチン大統領が圧勝したことに関連しては、プーチン氏が新大統領に就任後、北方領土問題の解決と日露平和条約締結に向けて引き続きロシアと粘り強く交渉を続ける方針を示し、今月21日に日ロ外相会談を行い、議論を改めて行うことを明らかにした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below