January 28, 2019 / 3:54 AM / 5 months ago

日産新会長は両社の協議で決定を=日仏首脳電話会談で菅官房長官

 1月28日、菅義偉官房長官(写真)は、マクロン仏大統領が日仏首相電話会談で、日産新会長人事についてルノー新会長が適任と伝えたことに関し、両社の協議で決めるべき問題との認識を示した。写真は都内で2016年8月撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 28日 ロイター] - 菅義偉官房長官は、マクロン仏大統領が日仏首相電話会談で、日産(7201.T)新会長人事についてルノー (RENA.PA)新会長が適任と伝えたことに関し、両社の協議で決めるべき問題との認識を示した。28日午前の会見で述べた。

日産・ルノーの提携を巡って、安倍晋三首相からは「アライアンスは日仏協力の象徴であり、安定したアライアンスが維持されることが重要。具体的な進め方は日産・ルノーでよく話し合ってほしい」と述べたことを明らかにした。

マクロン大統領が、ルノー新会長が日産の新会長も務めることが適当との考えを示していることについて、同長官はあくまで両社の協議に委ねる姿勢を示し、「ルノーの経営刷新を受けて両者の協力が円滑に進むことを期待している」と述べた。

また仏大統領が、カルロス・ゴーン前日産会長の拘留があまりに長期となっていると安倍首相に伝えたとされることについて、同長官は「首脳間のやりとり、詳細についてコメントは控える」としたうえで、「刑事事件の捜査については、独立性の高い捜査機関により、裁判所の発出する令状にもとづくなどの厳格な司法審査を経て、適切な手続きのもとに行われていると理解している」と述べた。

中川泉

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below