Reuters logo
北朝鮮への非難声明に反対する国が存在、極めて遺憾=菅官房長官
August 4, 2016 / 3:42 AM / a year ago

北朝鮮への非難声明に反対する国が存在、極めて遺憾=菅官房長官

[東京 4日 ロイター] - 菅義偉官房長官は4日の会見で、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて開かれた国連安全保障理事会の緊急会合で非難声明が採択できなかったことについて「反対する国がいた。そうした国が現実的に存在していることは極めて遺憾だ」と述べた。

 8月4日、菅義偉官房長官は会見で、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて開かれた国連安全保障理事会の緊急会合で非難声明が採択できなかったことについて「反対する国がいた。そうした国が現実的に存在していることは極めて遺憾だ」と述べた。写真は都内で昨年2月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

北朝鮮が3日に弾道ミサイルを発射したことを受け、国連安保理は日本時間の4日未明に緊急会合を開催した。日本の別所浩郎大使は「北朝鮮の行為は安保理決議に明白に反するもので断じて容認できない。日本の排他的経済水域(EEZ)に落下したことは日本の安全保障への重大な脅威で許しがたい暴挙だ」などと発言したが、非難声明の採択にはいたらなかった。

中国の大使が非難声明に慎重な姿勢を示したことについて菅官房長官は「全体とすれば日本の発言に賛同する声が圧倒的に多かったが、そうした(反対する)国が現実的にいるということだ。引き続き安保理理事国と緊密に連携をとって、しっかり対応していきたい」と語った。

石田仁志

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below