August 27, 2019 / 2:50 AM / in 24 days

G7は世界GDPの46%、けん引役を果たしていく=菅官房長官

 8月27日、菅義偉官房長官(写真)は午前の会見で、フランスのビアリッツで開かれた主要7カ国(G7)首脳会議で初めて首脳宣言が採択されなかったことに関連し、G7は世界の国内総生産(GDP)の46%占め、今後もけん引役として役割果たしていくとの見解を示した。写真は都内で2017年7月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 27日 ロイター] - 菅義偉官房長官は27日午前の会見で、フランスのビアリッツで開かれた主要7カ国(G7)首脳会議で初めて首脳宣言が採択されなかったことに関連し、G7は世界の国内総生産(GDP)の46%占め、今後もけん引役として役割果たしていくとの見解を示した。

首脳宣言が採択されなかったことについて、菅官房長官は議長国・フランスの判断であるとの見方を示した。

G7の形骸化を懸念する声が一部出ているとの質問に対し、共有の価値観に基づくG7各国が今回のG7サミットでも様々な課題について議論し、結束を示すことができたとした。

米国と他のメンバー国との意見のかい離について、菅官房長官は「(米国は)次のサミットを主催し、サミットにコミットしていく意思を示している」と述べ、米国がサミットを軽視していないとの見方を強調した。

ロシアのG7復帰については「ロシアとの対話は必要であり、引き続き、他のメンバー国と議論していく」と述べた。

田巻一彦 編集:石田仁志

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below