February 4, 2016 / 7:42 AM / 4 years ago

シャープが適切に判断=支援受け入れで官房長官

 2月4日、菅義偉官房長官は午後の会見で、シャープが経営再建に関して、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の提案を軸に支援策受け入れを検討していることについて、「シャープにおいて適切な判断が下される」と語った。写真は都内で2013年3月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 4日 ロイター] - 菅義偉官房長官は4日午後の会見で、シャープ(6753.T)が経営再建に関して、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業(2317.TW)の提案を軸に支援策受け入れを検討していることについて、「シャープにおいて適切な判断が下される」と語った。

菅官房長官は「シャープは先ほどの会見で、様々な角度から慎重に検討を重ねたうえで、産業革新機構とホンハイと協議を続けていくと判断し、現時点ではホンハイにより多くのリソースをかけていると発表した」と指摘。「シャープは技術や雇用への配慮、企業としての一体性維持を条件に交渉を行っていると聞いている」と述べた。

石田仁志

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below