June 6, 2019 / 2:49 AM / 18 days ago

消費税率10%への引き上げできる環境へ全力で取り組む=官房長官

 6月6日、菅義偉官房長官(写真)は午前の会見で、景気の状況について雇用所得環境の改善や高水準の企業収益などからファンダメンタルズは引き続きしっかりしいるとの認識を示し、消費税率10%への引き上げは予定通り行う方針を示した。写真は都内で2017年7月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 6日 ロイター] - 菅義偉官房長官は6日午前の会見で、景気の状況について雇用所得環境の改善や高水準の企業収益などからファンダメンタルズは引き続きしっかりしいるとの認識を示し、消費税率10%への引き上げは予定通り行う方針を示した。

同長官は、中国経済の減速などで輸出や生産活動に弱さはあるものの、「ファンダメンタルズはしっかりしており、緩やかな回復基調は変わりない」と従来と同様にコメント。

通商問題の動向が世界経済に与える影響は注視すべきとし、経済運営をしっかり行う考えを示し、「10月に予定されている消費税の10%への引き上げは、リーマン・ショック級の出来事がない限り、実施することになっている」として、「(消費税を)引き上げることができる環境にすることが大事」だと述べた。

その上で「あらゆる施策を総動員して十二分の対策を講じており、引き上げできるよう、政策に全力で取り組んでいきたい」と、増税に向けた施策を実行していく方針を示した。

中川泉 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below