for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

不妊治療の保険適用、年末に工程表明らかに=菅首相

10月15日、菅義偉首相(写真)は全世代型社会保障検討会議で、不妊治療の保険適用について、年末に工程表を明らかにすると述べた。首相官邸で9月代表撮影(2020年 ロイター)

[東京 15日 ロイター] - 菅義偉首相は15日の全世代型社会保障検討会議で、不妊治療の保険適用について、年末に工程表を明らかにすると述べた。保険適用開始までは現行の助成制度を拡充する。年末には待機児童問題の解消策も打ち出す。

菅首相は「出産を希望する世帯を幅広く支援し ハードルを少しでも下げていくため、不妊治療への保険適用を早急に検討し、年末に工程表を明らかにする。保険適用までの間は現行の助成措置を大幅に拡充する」と述べた。

待機児童の問題に関しては「保育園のほか、幼稚園やベビーシッターなど地域のあらゆる資源を活用し、この問題に終止符を打つべく年末に新たな計画を定める」と語った。

夫の休日や家事時間が長い夫婦ほど第2子以降が出生する割合が高いとの調査結果を引用し、「出産直後の時期に、男性が育児休業を取得しやすい制度の導入を図っていく」と強調した。

不妊治療の保険適用は、デジタル庁創設、携帯電話料金値下げと並ぶ「菅政権の政策3本柱の一つ」(政府高官)となっている。

*内容を追加しました。

竹本能文 編集:山川薫

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up