April 23, 2019 / 6:02 AM / 3 months ago

外国債、昨年度の2400億円より増加=19年度・住友生命運用計画

[東京 23日 ロイター] - 住友生命保険は23日、2019年度の一般勘定運用計画で、外国債券などを増やす方針を示した。相対的に利回りの高い為替ヘッジ付き外貨建てクレジット資産への投資を一段と拡大。オープン外債も相場変動による収益機会を捉えながら投資を拡大する。

 4月23日、住友生命保険は、2019年度の一般勘定運用計画で、外国債券などを増やす方針を示した。写真は都内で2011年8月撮影(2019年 ロイター/Yuriko Nakao)

23日に開催した2019年度の運用方針説明会で明らかにした。

今年度は国内債券、為替ヘッジ付き外債、オープン外債、国内株・投信等、外国株・投信等をすべて増やす予定。

国内債券は、金利上昇局面では超長期債に入れ替えながら積み増しを図る予定で、昨年度(2400億円)と同水準の増加を見込んでいる。

為替ヘッジ付外債とオープン外債は今年度(2400億円)よりも「いくらか多い金額を考えている」(運用企画部長の藤村俊雄氏)といい、為替ヘッジ付き外債は米欧を中心とする信用力の高い銘柄に投資。オープン外債は相場変動による収益機会を捉えながら投資を拡大する。

同社は今年度、ドル円は100─120円のレンジを想定しているが、オープン外債は「今年度のレンジ予想の真ん中より下が購入の目安」という。

外貨建保険見合いでも投資も行う予定。

国内株・投信等は、株価下落局面での買い入れを検討し、昨年度(600億円)と同程度積み増す方針。

昨年度2500億円増やした外国株・投信等は、インフラエクイティ・ファンドやプライベートエクイティ・ファンドへの投資を拡大することで、昨年度並みの増加を見込んでいる。

新規資金について藤村氏は「昨年度は短期運用目的でレポで資金調達した影響があり、これが半分ぐらいあった。この影響を除くと、今年度も昨年度と同じくらいになるだろう」と語った。

昨年度の新規資金は1兆2100億円だった。

2019年度の見通し(レンジ、年度末)は以下の通り。▼はマイナス。

日本国債10年物利回り ▼0.20─0.20%(年度末0.10%)

米10年債利回り     2.00─3.00%(同2.60%)

日経平均         1万8500─2万5500円(同2万2500円)

米ダウ          2万2000─2万9000ドル(同2万7000ドル)

ドル/円         100―120円(同110円)

ユーロ/円        115―140円(同130円)

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below