December 5, 2018 / 1:21 AM / 10 days ago

住友金属鉱山と住友商事、チリ銅山の一部権益を獲得

The logo of Sumitomo Metal Mining Co is pictured at the company's headquarters in Tokyo, Japan, September 13, 2018. REUTERS/Ritsuko Shimizu - RC1CBB290220

[ロンドン 4日 ロイター] - カナダの鉱山会社テック・リソーシズ(TECKb.TO) (TECK.N)は4日、チリ北部に保有するケブラダ・ブランカ銅山の拡張計画に伴う権益の30%を住友金属鉱山(5713.T)と住友商事(8053.T)に売却することで合意したと発表した。

売却額は12億ドル。テックは同鉱山の第2期開発計画に向けて20億ドルでの売却を目標としていたが、これを下回った。

売却手続き終了後、テックの保有率は60%となり、チリの国有会社ENAMIが残る10%を保有する。

第2期開発計画は8月に当局の承認を得ており、銅山の寿命を25年延ばし、銅生産量は2017年の2万3400トンから30万トンに増加する見通し。

権益売却の入札には三菱商事(8058.T)や英豪系資源大手リオ・ティント(RIO.L) (RIO.AX)なども参加していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below