for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国の物流、鉄道貨物滞留で再び混乱も=ロス港湾局長

米国の主要港であるロサンゼルス港のジーン・セロカ港湾局長は13日、鉄道輸送の混乱で港湾施設に貨物が滞留している問題について、供給網(サプライチェーン)の目詰まりを悪化させないために早急に貨物を運び出すよう鉄道会社や輸入業者に求めた。写真は2021年4月、カリフォルニア州ロサンゼルスで撮影(2022年 ロイター/Lucy Nicholson)

[ロサンゼルス 13日 ロイター] - 米国の主要港であるロサンゼルス港のジーン・セロカ港湾局長は13日、鉄道輸送の混乱で港湾施設に貨物が滞留している問題について、供給網(サプライチェーン)の目詰まりを悪化させないために早急に貨物を運び出すよう鉄道会社や輸入業者に求めた。

「全米の物流停滞を回避するため、この問題に直ちに対処する必要がある」とメディアとの電話会見で述べた。

米国では鉄道運行の相次ぐ中断が貨物輸送を停滞させ、インフレを悪化させる要因にもなっている。

ロサンゼルス港は新型コロナウイルス禍の巣ごもり需要に起因する貨物の渋滞が解消されたばかりだが、再び混乱が生じる恐れがある。

セロカ氏は、カリフォルニア南部の港湾施設には鉄道輸送向けのコンテナが2万9000個余り滞留しているが、9000個を上回るべきではないと説明した。

米鉄道貨物大手ユニオン・パシフィックと投資会社バークシャー・ハザウェイ傘下の鉄道会社BNSFはロサンゼルス港に貨物線を運行している。両社を含む米国の主要な鉄道会社はコロナ禍前に人員を削減し、一部設備を使用停止にしていたが、コロナ以降に輸送逼迫が生じた。

両社は労働力と設備の不足を解消するために取り組んでいると表明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up