February 14, 2019 / 9:50 AM / 5 months ago

スルガ銀、4―12月は最終赤字961億円 預金の減少続く

 2月14日、スルガ銀行が発表した2018年4―12月の連結決算は、961億6500万円の最終赤字となった。写真はロゴ、東京都内の支店で昨年11月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 14日 ロイター] - スルガ銀行(8358.T)が14日発表した2018年4―12月の連結決算は、961億6500万円の最終赤字となった。10―12月期は単体ベースで最終黒字に浮上したが、4―9月期にシェアハウス関連融資で貸倒引当金を大幅に積み増したことが響いた。19年3月期の通期予想は975億円の赤字を据え置いた。

18年4―12月の経常収益は前年同期比7.2%減の1090億4600万円。貸出金利息や資金運用収益が減少した。実質与信費用は1281億円と、9月末比で85億円増。投資用不動産向けローンやスルガ銀の創業家のファミリー企業への融資で特に増えた。

預金は流出が続いた。12月末の預金残高は3兆2286億円と9月末比1872億円減少した。

一方、12月末の自己資本は2236億円。自己資本比率は9.05%で、9月末の8.65%から上昇した。

和田崇彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below