April 30, 2019 / 5:41 PM / 3 months ago

米中小企業オーナー、景気後退に備え=バンカメ最新調査

[30日 ロイター] - 米中小企業のオーナーが景気後退に備えていることが、金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)の調査で分かった。同行幹部は、各支店に専門家を増員して支援に当たらせる意向を示した。

向こう1年間で国内景気の改善を見込む事業主の割合が48%と、昨秋の55%から低下した。医療費や貿易戦争に伴う影響を懸念しており、センチメント低下につながった。

準備金確保や費用削減方針など、景気低迷に備え方策を講じたと回答した事業主の割合は3分の2を上回った。

景気後退に備えた行動を始めた事業主のうち、信用枠の設定に踏み切ったのは19%にとどまった。

バンカメの中小企業部門責任者はこの水準は低いと指摘、「信用枠が必要になったとき、確保できないことがある。今のうちに考えておくべきだ」と話した。

同行は従業員100人未満、売上高500万ドル未満の企業向け部門を拡大、各金融センターに専門家を配置することを検討中という。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below