for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アップルからの打診はない、自社の電動車開発急ぐ=スズキ取締役

[東京 5日 ロイター] - スズキの長尾正彦取締役は5日の2020年4─12月期決算の電話会見で、米アップルが日本を含む複数の自動車メーカーに電気自動車(EV)の生産を打診しているとの報道に関して「われわれのところにアプローチがあったという話は承知していない」と述べた。その上で、「むしろ、われわれとしては車の電動化開発をステップアップする。ハイブリッド車、EVに向けての開発をいっそう急ぐことをまずは当然、優先する」と強調した。

同じくこの日に決算会見を行ったSUBARUの岡田稔明取締役も、アップルからEV生産委託の打診があったかとの問いに対し、「今のところ何も聞いていない」と述べた。

アップルのEV生産委託を巡っては、米CNBCテレビが3日に韓国・現代自動車傘下の起亜との交渉が合意に近づいていると報道。一方、5日付の日本経済新聞が、サプライヤー幹部の話として、日本メーカーを含む「少なくとも6社くらいで交渉が進んでいる」と報じたことから、5日の東京株式市場では、日産自動車や三菱自動車、マツダなどの自動車株全般が大幅に上昇した。ロイターは昨年末に、アップルが「24年のEV生産開始を検討している」と伝えている。

白木真紀

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up