for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スズキ、国内四輪2工場であす操業停止 仕入先での感染で部品不足

 スズキは1月21日、国内で四輪車を生産する湖西工場(静岡県湖西市)と相良工場(同県牧之原市)で22日の操業を停止すると発表した。部品仕入先の従業員に新型コロナウイルス感染が確認され、部品の供給が滞っているため。パリで2018年10月撮影(2022年 ロイター/Benoit Tessier)

[東京 21日 ロイター] - スズキは21日、国内で四輪車を生産する湖西工場(静岡県湖西市)と相良工場(同県牧之原市)で22日の操業を停止すると発表した。部品仕入先の従業員に新型コロナウイルス感染が確認され、部品の供給が滞っているため。影響台数は非公表だが、同社広報によると、今期中に挽回できる水準という。

1月の停止は、これまでは6日からの3日間、湖西工場第一ラインでの夜間の操業停止のみにとどまっていたが、ここへきて感染拡大の影響が少しずつ広がり始めている。

湖西では軽自動車の「スペーシア」や「ハスラー」など、相良では小型車の「スイフト」や「ソリオ」などを生産している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up