for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スウォッチ、22年売上高は2.5%増 今年の中国市場回復を楽観

 1月24日 スイスの大手腕時計メーカー、スウォッチ・グループは24日、2022年の売上高が74億9000万スイスフラン(約81億3000万ドル)と2.5%増加したと発表した。写真はスウォッチのロゴ。2022年5月、ジュネーブで撮影(2023年 ロイター/Denis Balibouse)

[チューリヒ 24日 ロイター] - スイスの大手腕時計メーカー、スウォッチ・グループは24日、2022年の売上高が74億9000万スイスフラン(約81億3000万ドル)と2.5%増加したと発表した。23年については、新型コロナウイルスの影響からの中国市場の回復と、中国人の海外旅行再開に楽観的な見方を示した。

為替変動の影響を除外したベースで見ると売上高は4.6%増で、目標の2桁増には届かなかった。中国で新型コロナの感染拡大を防止するためのロックダウン(都市封鎖)が頻発、販売が大きく落ち込んだ。

純利益は前年の7億7400万フランから8億2300万フランに増加した。

スウォッチは「グループの経営陣は、23年には全ての地域とセグメントにおいて売上高が大きく伸びると予想している」と説明。

「コロナ規制の撤廃後、中国だけでなく、周辺市場の香港やマカオでも消費が急速に回復した。また、中国での旅行規制の解除により、観光地での販売も活性化する」とした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up