for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スウェーデン、23年成長見通し引き下げ ウクライナ危機と物価高で

 8月18日、スウェーデン政府は、ウクライナでの戦争とインフレ高騰による経済への打撃が強まっていると警戒感を示し、来年の成長率見通しを従来の1.1%から0.4%に引き下げた。写真はストックホルムの建設現場。2019年12月撮影(2022年 ロイター/Simon Johnson)

[ストックホルム 18日 ロイター] - スウェーデン政府は18日、ウクライナでの戦争とインフレ高騰による経済への打撃が強まっていると警戒感を示し、来年の成長率見通しを従来の1.1%から0.4%に引き下げた。今年の見通しは6月に示した1.9%を2.3%に上げた。

社会民主労働党の少数与党政権は9月11日に予定される総選挙に向けて厳しい戦いに直面している。

ダンベリ財務相は記者団に「経済は戦時体制下にあり、不確実性が高い」と説明。「スウェーデンは下降に向かっている。直面する課題に対処するため、優先順位をつけ、責任ある財政政策を行う必要がある」 と述べた。

ダンベリ氏は政府には来年の財政支出を約300億スウェーデンクローナ(28億7000万ドル)上積みする余地があると述べたが、家計と企業に最近の物価上昇分を全て補うことは不可能だと注意を促した。

政府はインフレ見通しについては、今年を6.1%から7.3%に、来年を2.9%から3.9%にそれぞれ引き上げた。足元の水準は8%近辺と、1990年代初頭以来の高水準。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up