September 10, 2019 / 10:48 AM / 6 days ago

スウェーデン、8月インフレ率が減速 利上げ方針に不透明感

[ストックホルム 10日 ロイター] - スウェーデンの8月のインフレ率が鈍化した。中銀の年末頃の利上げ計画に不透明感が広がり、通貨クローナは対ユーロで下落した。

スウェーデン統計局が発表した8月のCPIF(住宅ローンの影響を除く消費者物価指数)は前月比0.4%低下、前年比1.3%上昇だった。7月は前月比0.4%上昇、前年比1.5%上昇だった。

中銀の予想、およびロイターがまとめた市場予想は前年比1.5%上昇だった。中銀の目標は2%。

8月のCPIは前月比0.4%低下、前年比1.4%上昇。7月は前月比0.4%上昇、前年比1.7%上昇だった。

数年間、高い成長が続いていた経済は減速し始め、米中貿易戦争や英国の欧州連合(EU)離脱が先行きを不透明にしている。

アナリストの間では、スウェーデン中銀の成長・インフレ予想が楽観的過ぎるとの声が多い。中銀は年末か来年初頭に利上げする方針を示しているが、金融市場は2020年半ばまでの利下げの可能性を織り込んでいる。

SEBは「インフレが全般に予想を下回ったことは、中銀にとって大きな打撃とみなされるはずだ。今回の結果で、中銀が10月会合にかけて利上げバイアスを維持できない可能性が高まった」と指摘した。

中銀は今月5日に政策金利をマイナス0.25%に据え置いた。

次回会合は10月24日。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below