August 25, 2018 / 1:43 AM / 25 days ago

アジア大会=競泳女子の池江が6冠、平泳ぎ小関も3冠

[24日 ロイター] - ジャカルタ・アジア大会は24日、競泳の競技を行い、女子自由形50メートル決勝で池江璃花子が24秒53の大会新記録で優勝し、競泳の日本選手で同大会史上最多となる6冠を達成した。

 8月24日、ジャカルタ・アジア大会、競泳女子自由形50メートル決勝で池江璃花子が24秒53の大会新記録で優勝し、競泳の日本選手で同大会史上最多の6冠を達成した(2018年 ロイター/Athit Perawongmetha)

男子50メートル平泳ぎは小関也朱篤が27秒07で優勝。100メートル、200メートルに続き平泳ぎ3冠となった。

男子400メートルメドレーリレーでは、入江陵介、小関、小堀勇氣、塩浦慎理で臨んだ日本は3分30秒03の日本記録を打ち立てたが、3分29秒99の大会新記録を出した中国に及ばず銀メダルだった。

*カテゴリを追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below