July 27, 2019 / 12:59 AM / 3 months ago

競泳=男子200m平泳ぎ、渡辺が2大会連続の銅メダル

 水泳の世界選手権、男子200メートル平泳ぎで渡辺一平(右)が2分6秒73で2大会連続となる銅メダルを獲得した(2019年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[光州(韓国) 26日 ロイター] - 水泳の世界選手権は26日、韓国の光州で男子200メートル平泳ぎ決勝を行い、渡辺一平が2分6秒73で2大会連続となる銅メダルを獲得した。

アントン・チュプコフ(ロシア)が2分6秒12の世界新記録で金メダルに輝いた。

男子200メートル背泳ぎ決勝の入江陵介は5位。男子50メートル自由形準決勝の塩浦慎理は7位で翌日の決勝進出を決めた。

男子800メートルリレー予選では、日本(高橋航太郎、松元克央、吉田啓祐、瀬戸大也)は9位に入り、2020年東京五輪出場枠は獲得したが、決勝進出とはならなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below