for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

水泳=五輪金メダリストが9カ月出場停止、プーチン氏の集会参加で

FINAは22日、ロシアによるウクライナ侵攻を支持する集会に参加したとして、東京五輪の競泳で2冠に輝いたロシアのエフゲニー・リロフに9カ月間の大会出場停止処分を科した。東京で2021年7月撮影(2022年 ロイター)

[22日 ロイター] - 国際水泳連盟(FINA)は22日、ロシアによるウクライナ侵攻を支持する集会に参加したとして、東京五輪の競泳で2冠に輝いたロシアのエフゲニー・リロフに9カ月間の大会出場停止処分を科した。

東京五輪競泳の男子100メートル背泳ぎ、200メートル背泳ぎで金メダルを獲得したリロフは、先月にロシアのプーチン大統領がモスクワで開いた集会に参加。複数のアスリートとともに、ロシア軍の象徴とされる「Z」の文字の書かれた洋服を着用していた。

リロフはロシア紙のスポルト・エクスプレスに対し、弁護士が処分について調査していると述べたが、異議申し立てするかは不明。同選手は集会への参加により、水着メーカーの英スピード社とのスポンサー契約も解除されている。

なお、ロシアのペスコフ報道官は電話会見で、今回のFINAの処分を「スポーツの理念に反する。最も強い選手が出場機会を失うことは、最終的には国際連盟や国際大会にとって痛手となる」と非難した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up