for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

水泳=国際水連、「シンクロ」の競技名変更は撤回せず

 7月26日、国際水泳連盟のコーネル・マルクレスク事務総長は、シンクロナイズドスイミングの競技名を、「アーティスティックスイミング」に変更する決定について、撤回する考えはないと述べた。写真は世界選手権で演技する日本チーム。ブダペストで21日撮影(2017年 ロイター/Bernadett Szabo)

[ 27日 ロイター] - 国際水泳連盟(FINA)のコーネル・マルクレスク事務総長は26日、シンクロナイズドスイミングの競技名を、「アーティスティックスイミング」に変更する決定について、撤回する考えはないと述べた。

FINAは22日の総会で競技名の変更を決定。マルクレスク氏はロイターに対し、変更について、メディアから意見が挙がり、国際オリンピック委員会(IOC)からも同競技の「同調性」だけでなく「非常にアーティスティック(芸術的)なスポーツ」というもうひとつの側面を強調すべきという意見が挙げられていたと説明した。

今回の決定の是非についてインターネットの投票サイトでは多くの反対票が投じられ、ロシアのムトコ・元スポーツ相らからも批判の意見が出ているが、マルクレスク氏は「様々な意見があるのは興味深い」とコメント。競技の名称が変わってもルールはこれまで通りであり、難しいことはないと述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up