August 8, 2018 / 3:46 AM / 2 months ago

五輪=萩野ら、東京大会の会場「アクアティクスセンター」視察

[東京 7日 ロイター] - 競泳の五輪メダリスト、萩野公介らが7日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて建設中の水泳会場「アクアティクスセンター」を視察した。

 8月7日、競泳の五輪メダリスト、萩野公介(写真)らが、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて建設中の水泳会場「アクアティクスセンター」を視察した。ブダペストで2017年7月撮影(2018年 ロイター/David Balogh)

アクアティクスセンターは20年2月に完成予定で、同大会では競泳と飛び込みの試合が行われる。会場は6万5000平方メートル以上の規模で、1万5000人の観客が収容可能。

2016年リオデジャネイロ五輪の男子400メートル個人メドレーでの金メダルなど、計4つの五輪メダルを誇る萩野は、近くで見るのは初めてであり五輪の時にどのようになっているのか楽しみと述べた。

リオデジャネイロ大会で100メートル背泳ぎ銅メダルのカイリージャクリーン・マス(カナダ)は、「この会場を見られたことを心から名誉なことだと思う。感謝したい。2年後も(五輪で)レースに出られることを願う」と述べた。

東京五輪は2020年7月24日─8月9日に行われる。競泳と飛び込みの日程は未定。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below