May 29, 2018 / 6:53 PM / 5 months ago

スイス中銀の政策、為替市場の脆弱性踏まえたもの=ジョルダン総裁

[チューリヒ 29日 ロイター] - スイス国立銀行(中央銀行)のジョルダン総裁は、イタリア政局の混乱を受けスイスフランが急騰する中、外国為替市場はなお脆弱(ぜいじゃく)であるとの見方を示し、スイス中銀が現行の金融政策方針を維持する姿勢を改めて確認した。

イタリアで政治的な混乱が深まっていることで、ユーロはスイスフラン、ドル、円などの主要通貨に対し下落し、約10カ月ぶりの安値を付けている。

ジョルダン総裁はターゲス・アンツァイガー紙に29日に掲載されたインタビューで、「ここ数日の動きから、外国為替市場の情勢はなお脆弱であることが示されている」とし、「マイナス金利、および必要に応じて外為市場に介入する用意を整えるとするスイス中銀の政策は、こうした脆弱性を踏まえたものとなっている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below