May 10, 2019 / 4:13 PM / 9 days ago

スイス中銀、マイナス金利なお必要不可欠=総裁

[ザンクト・ガレン(スイス) 10日 ロイター] - スイス国立銀行(中央銀行)のジョルダン総裁は10日、スイス中銀は自国経済を守るために、現行のマイナス金利政策を維持するとともに、外国為替市場への介入を継続する必要があるとの考えを示した。

ジョルダン総裁はザンクト・ガレンで行われたイベントで、中銀のマイナス金利政策について「現時点では最適の金融政策」とし、「マイナス金利と外為市場への介入は政策の2つの重要な柱」と述べた。

ジョルダン総裁はスイスフラン相場は依然として「過大評価」されている」と指摘。「スイス中銀が金利をゼロ%に引き上げれば、全般的な状況は現在よりもはるかに悪くなる。中銀の政策ツールは万人に支持されるものではないが、中銀が責務を果たすためには必要だ」と述べた。

スイス中銀のバランスシートは現在、スイスの経済規模を上回る水準に膨れ上がっているが、ジョルダン総裁は懸念には当たらないとの姿勢を示した。

ただ米中の通商問題を巡る緊張の高まりは懸念していると表明。「世界貿易を阻害するものはすべて、スイスにとって困難な状況につながる。スイス経済が極めて大きな影響を受ける公算は大きい」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below