February 28, 2020 / 7:16 PM / a month ago

新型肺炎、スイスフラン高に寄与 必要なら利下げも=中銀副総裁

2月28日、スイス中銀のフリッツ・ツアブリュック副総裁は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けスイスフランに対する需要が増大しているとし、必要なら利下げも辞さない姿勢を示した。写真は2015年1月、ベルンで(2020年 ロイター/Thomas Hodel)

[チューリヒ 28日 ロイター] - スイス国立銀行(SNB、中央銀行)のフリッツ・ツアブリュック副総裁は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けスイスフランに対する需要が増大しているとし、必要なら利下げも辞さない姿勢を示した。

ツアブリュック副総裁は29日付のスイス紙Finanz und Wirtschaftに掲載されるインタビューで、フラン相場の上昇について 「新型ウイルスを巡る先行き不透明性の増大が背景にあると考えている」とし、「こうした時はフランは安全資産として買われやすくなる」と指摘。「新型ウイルスの感染拡大でスイス経済の見通しにも影響が及ぶ可能性がある」と述べた。

米財務省は1月に公表した外国為替報告書で「スイスフランがドルとユーロに対して上昇するに伴い、スイスの外貨購入は2019年半ば以降、顕著に拡大した」とし、スイスを監視対象に追加。これに対しスイス財務省は「スイスが不当な競争優位性の獲得や国際収支の調整防止のために自国通貨を操作することは一切ない」と反論している。

ツアブリュック副総裁はスイスは為替相場を操作していないとした上で、米国の監視対象指定にもかかわらずスイス中銀はフラン相場の上昇に歯止めを掛ける取り組みを続けると表明。スイス中銀が採用しているマイナス金利政策とフラン相場の上昇阻止に向けた市場介入に言及し、「中銀の政策の道筋は変わっていない。今後も政策措置を首尾一貫した形で利用していく」と述べた。

スイスの政策金利は現在マイナス0.75%と、世界最低水準にあるが、ツアブリュック副総裁は必要に応じてさらに引き下げられる可能性があると指摘。「中銀がマイナス金利政策を採用していることにより、スイスの政策金利は他の国より若干低い水準にとどまっている。これはフランの魅力低減に向けた重要な前提条件となっている」とし、「調整が必要と判断された場合、中銀は政策金利を一段と引き下げる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below