for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スイス、21年成長率はコロナで鈍化と予想 今年はマイナス3.3%に

[チューリヒ 15日 ロイター] - スイス政府は15日、今年の経済成長率はマイナス3.3%との見通しを示した。来年はプラス成長となるものの、新型コロナウイルス流行第2波の影響で伸びは鈍化する見込み。

今年の成長率見通しは、スイス経済省経済管理局(SECO)が10月に示したマイナス3.8%からは改善したものの、依然として1975年以降で最低の水準。

来年の成長率予想は3%で、3.8%から引き下げた。

SECOは、来年の春にかけての半年間は、新型コロナ第2波がスイス経済に悪影響をもたらすと予想している。

スイスは感染再拡大に対し、一部の規制は強化する一方で完全なロックダウン(都市封鎖)は回避してきた。

こうした戦略の成果はまちまちで、感染は依然高水準となっている。レストランの経営者からは、時短営業命令に対して窮状を訴える切実な声が上がっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up