November 7, 2018 / 10:23 AM / 9 days ago

「スイスフランは依然過大評価」、政府と中銀が見解で一致

 11月7日、スイス政府は、スイス国立銀行(中央銀行)のジョルダン総裁(写真)との年次会合後、政府と中銀はスイスフランが依然過大評価されていると認識していることを明らかにした。4月撮影(2018年 ロイター/Denis Balibouse)

[チューリヒ 7日 ロイター] - スイス政府は7日、スイス国立銀行(中央銀行)のジョルダン総裁との年次会合後、政府と中銀はスイスフランが依然過大評価されていると認識していることを明らかにした。内閣は討議内容の概要で「全体として、世界経済は引き続き力強く発展しており、スイスの経済も好調だ。しかし、国際情勢が悪化するリスクは増している」と指摘した。

「インフレは引き続き低水準で、外国為替市場の状況は不安定だ。フランは依然として過大評価されている。こうした情勢を背景に、ジョルダン総裁はマイナス金利の金融政策と(外為市場に)介入する積極的意志が依然必要だと強調した」という。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below