April 20, 2018 / 6:05 AM / a month ago

スイス中銀総裁、マイナス金利政策の変更は急がず=通信社

[チューリヒ 20日 ロイター] - スイス国立銀行(中央銀行)のジョルダン総裁は、マイナス金利に基づく超緩和的政策の変更を急がないとの見方を示した。

 4月20日、スイス国立銀行(中央銀行)のジョルダン総裁(写真)は、マイナス金利に基づく超緩和的政策の変更を急がないとの見方を示した。写真はチューリッヒで昨年12月撮影(2018年 ロイター/Arnd Wiegmann)

総裁は19日、ブルームバーグTVとのインタビューで「われわれはまだ比較的、脆弱な状況にあり、日ごとに変化する可能性があるため、現時点では慎重さを維持する」と指摘。「今は金融政策の変更を協議する時期ではない。現在の金融政策が引き続き必要であると確信している」と述べた。

スイスフランは3年ぶりの安値を付けている。[nL3N1RW5OH]

総裁は、フランは大幅に過大評価された後、現在は「正しい方向」に推移しているとした上で、依然として状況は不安定でいつでも変更する可能性があるとの見方を示した。

このほか、フランは引き続き安全資産ではあるが、需要は低下したと述べた。また「時には他の安全資産への需要が高まる」とした。

欧州中央銀行(ECB)による刺激策の正常化は歓迎するとした上で、必ずしもスイス中銀による対応にはつながらないと述べた。

*内容を追加し、写真をつけました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below