Reuters logo
スイス中銀が政策据え置き、フラン「著しく過大評価」の表現は修正
2017年9月14日 / 08:52 / 12日前

スイス中銀が政策据え置き、フラン「著しく過大評価」の表現は修正

 9月14日、スイス国立銀行(中央銀行、SNB)は、金融政策に関する声明で、長らく使われてきたスイスフランは「著しく過大評価されている」という表現を修正した。超低金利政策は維持した。写真はSNB本部。ベルンで2015年4月撮影(2017年 ロイター/Ruben Sprich)

[チューリヒ 14日 ロイター] - スイス国立銀行(中央銀行、SNB)は14日、金融政策に関する声明で、長らく使われてきたスイスフランは「著しく過大評価されている」という表現を修正した。超低金利政策は維持した。

最近のスイスフランEURCHF=の対ユーロでの下落を認め、「著しい過大評価の後退にある程度寄与している」とした。

一方で「スイスフランは依然高水準にあり、為替市場の状況は依然として不安定」との認識を示した。

スイスフランは、ユーロ圏を中心とした欧州の景気回復の加速や、政治的リスクの後退を背景に、過去数週間でやや下落している。

ユーロは対スイスフランで7月初め以来約5%高となり1ユーロ=1.15フラン台に上昇。スイスの輸出企業を支援している。

ただ、依然として中銀が2015年1月まで3年間維持していた1.20フランの上限を下回っている。

ジョルダン総裁は、低インフレと他国との金利差が小さいことを踏まえ、政策変更は検討しなかったと指摘。「現時点で金融政策を変更する理由は全くない」とテレビでコメントした。

エコノミストは文言変更について政策シフトではなく、7月初め以降にユーロがフランに対して5%近く上昇したことを反映したと指摘した。

Jサフラ・サラシンのアナリストは、文言変更は予想していたよりもわずかだったとし、「実際の政策変更には踏み込まなかった」と述べた。

SNBは成長見通し下方修正、通貨安でインフレ見通しは上方修正した。

UBSのアナリスト、アレッサンドロ・ビー氏は、SNBが政策変更する前に欧州中銀(ECB)は緩和策の縮小を始めることが必要とし、欧州金利が上昇すればスイスも利上げが可能になると指摘した。

SNBは過去3年間のフラン上昇による景気への悪影響から立ち直ったか確認したいとし、「これまでの指標はまちまち」と述べた。

SNBマイナス金利は据え置き、引き続き必要なら為替市場に介入する用意があるとした。

3カ月物LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)の誘導目標はマイナス1.25─マイナス0.25%に維持。決定はエコノミストの予想通りだった。

中銀預金金利もマイナス0.75%で変更なし。

金利据え置きについて、物価安定維持と景気支援の目標からみて必要とした。

*エコノミストコメントなどを追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below