January 16, 2017 / 3:58 AM / a year ago

スイス中銀、マイナス金利政策の継続を示唆=スイス紙

[ウィーン 15日 ロイター] - スイス国立銀行(中央銀行)のツアブリュック副総裁は、スイス紙NZZ日曜版のインタビューで、スイスフランの高騰を防ぐために、マイナス金利政策を継続する考えを明らかにした。

 1月15日、スイス国立銀行(中央銀行)のツアブリュック副総裁は、スイス紙NZZ日曜版のインタビューで、スイスフランの高騰を防ぐために、マイナス金利政策を継続する考えを明らかにした。写真は同行。ベルンで2015年4月撮影(2017年 ロイター/Ruben Sprich)

副総裁は「米利上げは米経済が好転した可能性を示す明るい兆し」と前置きしたうえで、「ただ我々がより重視している欧州において、欧州中央銀行(ECB)は金利政策をまだ正常化していない。ユーロ金利との差を維持することが重要だ」と語った。

また為替介入について、スイスフラン上昇に対応する不可欠な手段の一つだが、介入に関する詳細な公表は控えると述べた。

中銀の外貨保有高は昨年、スイス経済と同規模の約6450億スイスフランに増加した。ただ副総裁は外貨準備高の削減が金融政策にネガティブなインパクトを与えない限り、準備高削減を始めることはないとの見解を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below