May 22, 2019 / 3:13 PM / 4 months ago

シリアの化学兵器使用疑惑、調査が必要=仏外務省

[パリ 22日 ロイター] - フランスの外務省は22日、シリアのアサド政権が化学兵器を使用している可能性があるとした米国務省発表を受け、調査する必要があるとの考えを示した。

また「化学兵器禁止機関(OPCW)を信頼している」と述べた。

米国務省のモーガン・オータガス報道官は21日、声明で「われわれは遺憾ながら、アサド政権が化学兵器を再び使用している可能性を認識している。5月19日午前にシリア北西部で実施された疑いがある塩素攻撃が含まれる」と表明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below