for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

IS戦闘員1万人が依然シリアで拘束、「受け入れられず」=米国務長官

[ローマ 28日 ロイター] - ブリンケン米国務長官は28日、過激派組織「イスラム国(IS)」の戦闘員1万人が、米軍と連携するクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍(SDF)」が運営する収容所に引き続き拘束されていると指摘、この状況は「受け入れられない」と述べた。

ローマで開催されたイスラム過激派組織との戦闘を巡る国際会議の冒頭あいさつで同長官は、米政府は対IS連合に参加する78カ国を始め、各国に対し、同組織に参加した自国民を引き取るよう引き続き求めていくとした。

また、ISを恒久的に打倒するためには、イラクとシリア以外の地域、特にアフリカにおけるISの脅威に対処することが重要だと述べた。

ISは2017年、軍事的に敗北したとされたものの、イラク北部および隣国シリアとの国境地帯で恒常的に戦闘行為に及んでいる。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up