May 22, 2012 / 1:42 AM / 7 years ago

11年末の対外純資産は253兆円、2年ぶり微増

[東京 22日 ロイター] 財務省が22日に発表した2011年末の対外資産・負債残高によると、日本の政府や企業、個人が海外に保有する資産(対外資産)から、海外勢が日本で保有する資産(対外負債)を差し引いた対外純資産は、前年末比0.6%増の253兆0100億円と、2年ぶりに増加した。

円高が進んだため円換算した外貨建て資産は目減りしたが、過去最大の為替介入や邦銀の対外貸付の増加が寄与した。安住淳財務相がきょうの閣議に報告した。

対外資産残高は前年末比3.3%増の582兆0480億円と、3年連続で増加。11年末の円相場は対ドルで77.57円と前年末から4円弱の円高が進み、円換算で23兆円の評価減が発生したが、1年間で約14兆円を投じた大規模介入で外貨準備高が100兆円へ増えたほか、対外貸付も11兆円増加した。欧州債務危機で欧州系金融機関がアジアなどでの業務を縮小する一方で、邦銀の対外貸し出しが伸びたためとみられる。政府が円高メリットの一環として後押ししている海外企業の買収など、直接投資残高も7兆円増加した。

対外負債は329兆0380億円と、前年末から5.5%増えた。円高の進行など為替変動で4兆円、日本株の下落などで16兆円の評価減となったが、海外勢の短期債投資が活発で2年連続で増加した。海外勢の短期債投資残高は45兆円と96年の現行統計開始以来最大を記録。前年末に比べた増加幅16兆円も過去最大だった。

国際通貨基金(IMF)などの集計によると、日本の対外純資産は91年以来、21年連続して世界最大の座を維持。2位の中国は円換算で11年末が137兆9297億円、3位のドイツが同93兆8947億円だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below